プロフィール

Nein

Author:Nein
ネトゲ「Master of Epic」をE鯖メインでプレイしている銃器使い。銃の腕前は人並み、鈍器の扱いはいつまで経っても半人前のNeinさんです。

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レーザーサイトは心の中
銃器使いによる銃器使いのためのブログにならなくなりつつつあるブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに罠を取ってみた
グレネTUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE


はいはいグレネグレネ
いまいち罠を使いこなせないというか、78止めでバグズが使えない以上どうしても罠篭りがちになってしまうのがあれですが、とりあえず相変わらずグレネの威力が半端なくてフイタ。枠の関係で蛇弾使ってるけど光弾で当てるともっと強いんだよな。盾とっても抵抗0に100ダメージとかSAIKYOU



罠銃だと相変わらず最後の詰めが甘くなってしまうのが悪い癖
そういう面だと貫通力があり、足を止めた相手に判定を確定できるマジックショットの方が便利ではあるのかも。まあ破壊38と罠78じゃ銃テク以外の面での汎用性が違うけど。どっちも便利だけど、両方取るにはちょっとスキルポイントもSTも足りないかも。むしろ詰めをきっちりやりたいなら三つ目の武器を刀剣から槍にするべきだな。いやそんなことしたらただの銃槍+お前危ないときだけ罠置くのやめろよ的なことになるのは間違いないけどね(;^ω^)


そんなわけで、新しい構成でそらげ一応動画撮りながら戦ってきました
そんなあんまり戦ってないんだけどね。編集が面倒なので気が向いたらアップするかも。



それにしてもE鯖のそらげは別にガチタイマン派が揃っているわけではなかったりするところが結構不思議だったりするんだけど、これもいろいろとそうなるに相応しい理由があるのかなあ。召還弓、罠牙(暗黒)、ウニ弓、回避メイジ、調和脳筋、等などどちらかというとwarageタイプの構成が多かったと思います。レンジ修正で調和は移動回避得意の武器にはなってると思うけど。

逆に轢きAgeと言われているD鯖のそらげは、回避持ちは全体的に多いものの、タイマン特化した鈍足構成で遊びに来ている人がほとんどだったりします。素手槍回避盾や素手刀剣、素手キック率は非常に高いですが・・・とにかく純正の脳筋だらけ。メイジの参加者も2,3名だけいますが、「メイジはwarでメガバ撃ってろよ^^;」みたいな雰囲気が漂っているのであんまり相手にしてもらえず。

そうE鯖とD鯖が逆になっているような感じなんだけど、おそらくD鯖的には「イベントだから普段できないタイマンを楽しみたい」という意識が働いているのではなかろうか。それを示すようにDのそらげでは奇襲は認めているものの原則1on1を推奨している。AFKタグをつけることで現地でリカバリータイムを確保することもできる。逆を言えばE鯖は、普段タイマンできているから別にそらげにこだわらなくてもいいかな、みたいになっているのだろうか。しかしそれにしては今のE鯖の状況はかなり迷走状態してると自分は思うのだけど・・・E鯖そらげの主催者は、もっと奇襲したり乱入したりするイベントを望んで「タイマンしたかったら携帯まな板置けよ」っていうルールを追加したんだと思うんだけど、イベントが普段の裏側を表層に浮かび上がらせるものだとするなら、それはかなり危ういんじゃないかなあと思う。多分・・・タイマン厨とそれを馬鹿にする奇襲専の人が変な形でぶつかりあっちゃうんじゃないかなあ。ただでさえ海岸に大量のプレイヤーが集まって入り乱れているから、誰が誰と戦っててどこに乱入してるかなんて端からパッと見てもなかなか分からないし。


こんなところで書くことでもないか? でもまあ中途半端に煽るよりはいっそのこと、「タイマンイベントじゃねーからタイマンしたかったら森かアリーナ行け。奇襲、乱入できるのにしない奴は気持ち悪いからお帰りください」くらいの表明をした方がいいと思うんだよね。その方が現地に緊迫感も出るし、嫌な人は参加しないから余計な争いを生まなくていいんじゃないだろうか。ただでさえタイマン厨とそれを批判する人が無駄にぶつかりあって今の方向性のよく分からないwarを形成してる(という表現を敢えて流用してみる)んだから、わざわざイベントでまでその縮図を作る必要はあるめぇと。




---------------------
勘違いされそうだから書いとくけど別に昨日奇襲でやられたから愚痴ってるわけじゃないですからね^^;
っていうか奇襲する人なんて・・・1,2人いたらしいけど自分は遭遇しませんでした。
みんな戦いたい相手と申し合わせて戦ってたからふとそれなら森でもいいんじゃないかと思ったわけで
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://updownstep.blog103.fc2.com/tb.php/250-eb1f5bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。