プロフィール

Nein

Author:Nein
ネトゲ「Master of Epic」をE鯖メインでプレイしている銃器使い。銃の腕前は人並み、鈍器の扱いはいつまで経っても半人前のNeinさんです。

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レーザーサイトは心の中
銃器使いによる銃器使いのためのブログにならなくなりつつつあるブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番傘のススメその2
ゲーム内で「アイテムinfoだけじゃ傘の何が良いのかよく分からない」って言われたので、本人にはもう説明しましたがここにももう一度書いておきます。


番傘(黄色)の利点

①レンジが長い

シップ銃のレンジは17.2です。それに大して傘のレンジは20。
これは弓とシップ銃の中間に位置します。弓よりは短いですが、重要なのはシップ銃より長いという点で、普段届かない痒い所に手が届くので、非常に重宝するシーンがあります。相手が後退してるときとか、スパルタン中の素手への攻撃などです。特にシップ銃のレンジを知り尽くしてる人は、「ここならあたらんだろう」って感じで油断してくれたりするので余分なhitを狙うことができます。


②回転が早い
ディレイが250なのが強みです。レンジが20あることも合間って、クリティカルが出なかったとしても相手の接近までに最低二発、相手の進行ルート次第で三発、相手がシルガを出すタイプだったら蛇弾を併用すれば四発まで撃つことができます。
カンフーでクリが出た場合や、SoWをして後退しながら撃った場合これよりも多く射撃することができます。ダメージソースとしての性能もグッドですが、なにより本格的な戦闘が始まる前に3~5発撃って様子を見ることで、相手が遠隔に大してどのような動きをするのかを観察することができることが一番のメリットであると言えます。


③盾に強い
シップ銃だけで戦うと全ての弾をシルガで受け止めることができます。最近はコダチの性能が劣化したこともあり、シップ銃の貫通狙いが戦術の一つにカウントできるようになりましたが、それとは別の戦術を組み立てることが可能です。
番傘のディレイはシルガのディレイよりも早く消化されます。よって番傘によるアタックをシルガした場合、第二射をシルガすることはできず、ビジポ・バンデットガード・SDなど別の対応を迫ることができます。逆にこれらの対応をしない相手には直撃が狙えます。相手が対応策を減らしたところにシップ銃で当てることができれば大ダメージを狙えるでしょう。


④SDに強い
番傘でのアタックは光弾を使用することにより、SDを怖がる必要性がかなり薄れます。光弾の魔法ダメージはレジストがあるので、抵抗持ち刀剣のSDはもちろん警戒しなければなりませんが。
黄色番傘のATKは50もないので、SDの反射ダメージをかなり抑えることができます。
そして光弾の魔法ダメージは反射を無視することができるので、
SDの貫通部分+光弾ダメージ > リアクティブ
が成立します。


注意点として、この不等式はチェイン以上のACを持つ相手を仮想敵としています。
リアクティブダメージは相手のAC次第なので、総ダメージの部分が増えると光ダメでリアクティブをカバーできなくなることに注意してください。
逆にプレート級AC+抵抗0であれば、クリティカルが出たとしてもダメージ相殺が成り立ちます。

これは半プレート半チェインの相手に番傘光弾クリティカルをカウンターで当てたときのログです。

kasa


リアテクィブで88ダメージを受けていますが、貫通部分が41、魔法攻撃部分が36、ついでにフレイムブレイドの追加攻撃で3ダメージ入っています。まあブレイドの部分は勘定に入れないとして、自ダメージ88相手ダメージ77でその差はたった11です。これならSDも怖くないと思えますよね。もちろんクリティカルがでなければダメージ負けもしないし、光弾には相手のbuffを古い方から一つ剥がすという追加効果もあります。また、こっちはST消費0に対して相手は高スキルテクニックでSTを消費し、尚且つSDという防御カードを約18秒間失います。

SDに恐怖せずむしろ積極的に引き出すことができる。番傘の大きな魅力です。






さあみなさんここまで書いたら番傘がほしくなってきますね?
ほしい人はゲーム内でtellくれたら一本6000gで作りますよ^^
え?高い?だってしょうがないじゃない。未使用の紙12枚も使うんだもの。
文句があるなら何も考えないで第三弾錬金の素材に美容師殺しのアイテムをセットしたゴンゾに言ってね!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://updownstep.blog103.fc2.com/tb.php/148-fea68d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。