プロフィール

Nein

Author:Nein
ネトゲ「Master of Epic」をE鯖メインでプレイしている銃器使い。銃の腕前は人並み、鈍器の扱いはいつまで経っても半人前のNeinさんです。

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レーザーサイトは心の中
銃器使いによる銃器使いのためのブログにならなくなりつつつあるブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けたのは自分のせい ~ネガる前に考えよう~
またもや心構えのお話。

MoEの対人は、特に1on1において「構成ジャンケンゲー」であると言われています。
勝負の大半は振っているスキルの相性によって決まるということです。
単純な話、対人の様々なテンプレ構成でキャラを立てて格ゲーを作ったとしたら、間違いなく糞ゲーの部類に入ります。まあコイン入れる度に好きなようにスキルポイント振れたら、勝ち負けとは別の次元で面白いゲームだと思いますが。どれだけ擁護したくても現状のバランスはおかしいと言わざるをえないでしょう。
(実際はスキル制のゲームだからこそ偏りが存在することは当然だと思うし、どちらかと言うとバランスうんぬんはユーザー側の意識の問題が大きく絡んでると思いますがその辺はTipsとは関係ないので割愛します)



ですがー。
ここで誤解してはいけないのは、バランスがどうの構成がどうの、なんていうお話は実力がある程度拮抗している人同士の話だということです。初心者が超上級者に連勝できるような構成差は存在しないとは言いませんが、ほとんどありません。
よく「~~だから勝てない」なんて話を耳にします。もちろん私らは人間ですから愚痴りたいときもあれば八つ当たりしてしまうこともあります。ふるぼっこされた後には思わず敗因を相手に押し付けてしまうこともあるでしょう。しかし、冷静になってからまだ構成がどうの、なんて言っているようでは上達することは不可能です。

本当に自分はやれるだけのことをやったのか?
自分の構成を100%発揮できてそれでも負けたといえるのか?


考えて、反省することが上達の一歩です。
あそこでああすればよかった、あの判断は間違っていた、と振り返ることです。
それを重ねていくことで、ミスも減り、技術も身に付いていくと信じましょう。相性の悪い構成に勝つことができるようになれば、それは間違いなく自分の実力が相手の実力を上回っている証拠です。
勝利を求めるならば、まずは己の敗北を認識せよ。昔の人はよい言葉を残したものです。伸びる者と伸びない者の差は、絶えず思考し続けているかどうかにあるということを覚えておきましょう。まる。



それでも運ゲーなんて嫌だ!と思っている人は・・・
(>ここから先は12月22日に加筆を加えた文章です)


そもそも何をもって運ゲーと呼ぶか、ということを考えてください。

はっきり言ってしまえば、単純に乱数が絡んでしまうことが気に入らないのならMoEではなくゲーセンで格ゲーでもやっていた方が無難だと思います。詠唱中断も運ゲー、物理回避も運ゲー、魔法ダメージの二次レジストも運ゲー、盾貫通も運ゲー、果てにはスティッチやSバインドのレジストも運ゲー。そう思っていますか?
これらが認められないのであれば、MoEの対人をやっていてもイライラするだけです。
まあ物理回避については少々性能過剰な側面が見え隠れしている部分もありますが…


この記事の趣旨として、「運ゲーで負けた」という発想そのものが思考停止である、という論述を行っていることを理解してもらいたい。回避に対しては、武器スキル100、戦技100KM、エンライTF、命中向上レランbuff2種、ワーウルフを無効化するbuff解除手段などがあります。まずは自分の構成でできる範囲のことをしてみましょう。そしてどうしてもそれでは満足できなければ、命中特化した構成や、回避を無視できる攻撃方法を持った構成に変えることもありだと思います。それがスキル制というものなのですから。
また、対回避戦術はTipsを書いていく中で煮詰めていくつもりですので、まだMoEを続けるのであれば、気持ちをネガティブな方向から切り替えて一緒に考えてみませんか。


データや論理を重視する雀士は、単純な確率によって負ける勝負を容認しつつも、大局的な視点からトータルの戦績でトップを目指します。もちろん割り切っていても負ければ悔しい思いをするでしょう。人間ですから。しかし彼らはその後いつまでも「あのときあれを引いてなければ」なんて不毛なことは考えません。それよりも、牌の引き以外に自分の悪いところはなかったかと牌譜を見ながら反省するのです。
この点はMoEの対人にも同じことが言えると思いませんか。全戦全勝なんて誰にもできるわけがありません。勝負は時の運。でもその中で、平均して高いレベルの戦闘を維持していくことこそが技術ではないでしょうか。理不尽な乱数を前にしても諦めずに抗い、そしていい勝負ができればそれでよし、もし勝てれば自分の技術力を認めることもできますよ。それにMoEの場合、序盤に理不尽な超乱数が発生したら一時離脱して仕切り直すことだってできますしね。


「負けたのは自分のせい」

何事もまずは自分の悪いところを振り返ることが大事なのです。
この記事に対するコメント

まったく同感です。ヒーラーでも同じですねぇ。
ただ、事が起ってすぐの時はかっかっきてますので、反省できませんが
後で動画見るとろこつにだめだから、怒り熱もさめたどころか、青ざめますね^^;

やっぱりガチででて、言訳作らないような環境を
最初に作るのがいいとおもいますわー(´ω`)
【2007/12/20 20:49】 URL | Letitia #GCA3nAmE [ 編集]


ジャンケン以前に運ゲーの場合どうしたらいいですか
【2007/12/20 21:51】 URL | Nameless #- [ 編集]


回避の関係で運ゲーになる場合は、運ゲーをいかに自分に有利にもっていくかを
考えればいいんじゃないかね。
某氏みたいな戦技強化で命中を極めるとか、死魔取ってマッドコートを入れるとか、
そもそも回避とは無関係な破壊魔法とか牙とか罠とか。

ま、そうすると結局は火力であったり抵抗であったり回復力であったりといったところに
しわ寄せが来て、最終的にはジャンケンゲーになるわけだけど。
【2007/12/21 09:38】 URL | LiebenLied #wLMIWoss [ 編集]


明らかにミスしまくりでたまたま勝ってもてもなんか後味悪いですよね
100%頑張って負けたほうがまだモチベーションの維持に繋がるものです。

負けまくってる言い訳じゃないんだからね!
【2007/12/22 01:26】 URL | ぴの #- [ 編集]


>Letiさん
ですよねー
負けたときは興奮してて何がなんだか分からない思考をしていることががが
動画撮ってると後から見直したときの絶望感が酷すぎるw

>ななしさん&LL氏
LLさん代塔ありがとうございます。
返答は長文になってしまったことと、恐らく多くの人が気にする内容だと思うので、この記事のREAD MOREの先に文章を加えておきましたので、よければご覧ください。

>ぴのののの
ぴのもすっかり技巧派路線を邁進中でぼくとしては嬉しい限りです
っていうか普通にぴのに勝てなくなってきた僕は明らかに上達速度が遅くてコマル^q^;
【2007/12/22 12:31】 URL | Nein #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://updownstep.blog103.fc2.com/tb.php/127-91c4002b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。