プロフィール

Nein

Author:Nein
ネトゲ「Master of Epic」をE鯖メインでプレイしている銃器使い。銃の腕前は人並み、鈍器の扱いはいつまで経っても半人前のNeinさんです。

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レーザーサイトは心の中
銃器使いによる銃器使いのためのブログにならなくなりつつつあるブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調和
ボクは定期的に「調和が欲しい病」にかかる。
大体調和を上げて戦場に出るとその日のうちに「調和いらねー」となる
調和は時の石にしまって置いておくわけだが、
多分調和を保存するためだけにもう時の石を10個くらい使っている
まるで馬鹿だ。しかも詰めたキャラに再解放とかしたりする。馬鹿そのものだ。


ここから調和談義
調和の機動力は取る度に高性能だと感じるわけだが
「足がある=逃げることが可能」という構図は酷く戦闘力を下げることに繋がってくる
ただでさえ調和なんて糞スキルに90も振ってるというのに、それで精神的な攻め心も駆け引きも忘れてしまうのでは本当にどうしようもないと思わざるを得ない。
逃げるにしてもGSP飲んだり延々と時間を削られるのが馬鹿馬鹿しくも思える。
それに関しては鈍足でも轢かれてくそがーってなるわけだから同じだけど
むしろ自発的に無駄な時間を作ってる調和逃走は後から振り返ると轢かれることよりもいろんなものを浪費しているのではないか。と、そう思うこともある。

調和と投げの相性は抜群で、特に自分は遠隔攻撃を当てることにそこそこ自信があるので、それこそ鈍足相手なら1回も攻撃されずに倒すことも可能なのだけれど、しかしそれもまた「ただ動きが速い」という点だけで相手のターンを制限しているわけでまさに「性能」だけで状況を作り上げているそこには「駆け引き」なんてものは存在しない。相手も調和なら当然条件はイーブンだけど。


そんなこんなで調和を取っても結局三日も持たずに「糞スキル」と切り捨ててしまうのがボクであり、しかしそれで結局轢かれて愚痴ったりするところが自己中で困るのがボクである。
定期的に調和が欲しくなってしまうのは、やはり轢かれるのが苦痛だからだろう。よく「ソロやるなら轢かれても文句言うな」という台詞を目にするが、文句を口に出すのと嫌な気分になるとはまた別物だ。誰だって好き好んで轢かれたくはない。
例えばボクのように駆け引きに心を傾けたりしない人とか、或いは敵から逃げることに苦痛や精神的負担を感じたりしない人であれば、まさに調和は神のようなスキルであるに違いない。それだけの性能が調和にはあるし、warageにおける「高機動力」にはそれだけの価値がある。
ボクは調和が自分にとって不必要なスキルだと知っている。だというのに、すぐ捨てることを分かっていて、それでも機動力を夢見て調和を取ってしまうのは一体誰の仕業なんだろう。誰かボクに催眠術でもかけているのか。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://updownstep.blog103.fc2.com/tb.php/12-75526a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。